MENU

恋人も欲しいけれど、出来たら気の合う友達とも出会いたいという人は、色々な人と話すチャンスを手に入れるために、出会い系サイトに登録してみるのも選択肢の一つです。

 

実は、出会い系サイトは交際相手だけでなく友達が出来た人もいます。

 

でも、出会い系サイトでの友人関係は簡単に壊れてしまいますし、恋愛できても友達は見つからない可能性も有り得るのです。

 

恋人は必要ないけれど、友達だけが欲しいというケースであれば、別の方法を探してみるのをお勧めします。

 

いかにも最近っぽいのですが、ブログが縁で出会って、そのうち結婚なんていうこともあり羨ましい限りですが、むしろ変な人に付きまとわれてしまって、慌ててブログをやめたというパターンの方が現実的には多いです。

 

書いているのが身の回りのことなので、居住地や勤務先などを特定され、ストーキングされる場合もあります。

 

ブログは情報発信として有効ですが読者の素性まではわかりません。

 

そういう意味では、最初はメール交換からという出会い系サイトで探すほうが、ずっと安心です。

 

出会い系サイトというと、どうしても悪い印象を持つ人が多いようです。

 

けれど、経験から言って犯罪に巻き込まれたりしたことは無かったです。

 

もちろん、実際に相手に会ってみるまでは個人情報は伏せ、それ以外の話題で相手の人柄を知っておくのが良かったんだと思います。

 

信頼できそうだと感じても、用心して実際に会う場合も、人目のある場所を選べば、安心して出会い系サイトを利用できますよね。

 

もちろん良く知らない相手と密室で二人っきりという状況にならない為にも、ドライブなどの誘いは断りますし、よく知らないうちから、夜に待ち合わせをするような人は初めからきちんとお断りしましょう。

 

社会人になってから出会いがないと嘆いていたら、旧友がどういうコネでか合コンを設定してくれました。

 

嬉しかったです。

 

ただ、場の雰囲気は悪くなかったのに、最後に連絡先を交換しようとしたら断られてしまいました。

 

年齢からしていい加減、合コンも疲れてきましたし、ぼちぼち出会いサイトなどで当たりをつける方が効率が良いかなと思っています。

 

頻繁にアルコールを飲むような人間でもないので、そのほうが自分らしいような気がします。

 

毎日乗り降りする電車で恋が芽生えるというとマンガのようでワクワクしますが、本当のところ、それってすごく稀だと思うのです。

 

いいなと思っていた相手を駅や車内で呼び止めて、連絡先を聞こうとしても、進展する可能性は極めて低いです。

 

それよりは、現実的な出会いサイトなどを利用すれば、会う前にコミュニケーションがとれますし、お互い出会いを求めている分、交際に発展しやすいのです。

 

世間で言われているように、ネットの出会い系サイトで恋人探しや婚活をした場合には、それなりにリスクがあるのです。

 

例えば、男性はサイトに雇われたサクラやポイント目当てのキャッシュバッカーに引っ掛かると時間のみならず、金銭的にも損失が出る可能性があります。

 

また、自分としては真面目に恋人を探しているつもりなのに、遊び相手が欲しくてフリーとウソをついた既婚者に引っ掛かってしまい、思わぬトラブルに巻き込まれるかもしれません。

 

警戒し過ぎなくらいが、出会い系サイトではちょうどよいといえます。

 

ネトゲがだいぶ浸透しているせいか、仮想世界での出会いからリアル世界で付き合うようになったというカップルもいます。

 

でもそれはごく珍しい例のようです。

 

仮想世界の中では楽しくても、いきなり遠距離恋愛からスタートなんてこともあるわけで、やはり恋愛には障害になるようです。

 

ネトゲは友達探しには良いかもしれませんが、男女の出会いに関してはイマイチというか、長時間の釣り状態です。

 

釣れるのが大魚ならいいですけどね。

 

なかなか異性と出会う機会がなく、いまのままではいけないと焦っている人は最近増えてきています。

 

出会い方はさまざまだと思いますが、自分に合っていて、続けられる方法でなければ、なかなか友達以上に進展するのは難しいでしょうし、たとえ付き合ったとしたって面白くないかもしれません。

 

効率の良い方法として、やはり出会い系サイトに優るものはありませんから、不器用だなと思う人は試してみる価値があると思います。

 

最近では、ほとんどの人がスマートフォンを所有していますから、それに伴っていわゆる出会い系アプリの利用者も急増しています。

 

はじめから出会いだけを目的に相手を探すことが出来るものもあれば、出会い系ではないけれど、同性を含む不特定多数の利用者とメッセージをやり取りするタイプのアプリも、出会い系としても友達探しや暇つぶしにも使えるということで人気があります。

 

選ぶ基準としては、利用者数を参考にするのも良いのですが、目的のアプリの使いやすさや親和性はそれぞれですので、ご自身に都合の良いアプリを選ぶのが一番です。

 

やはり、出会い系サイトを利用していると被害に遭う事もあるようです。

 

よくある事といえば、どれだけやり取りを繰り返しても出会いまで進まないということでしょう。

 

この被害について、本人の性格やその他の問題で関係を断たれてしまう、といったケースは別です。

 

出会い系サイトの被害とは、出会い系サイトの運営側が、出会えないものを出会えるように見せかけているといった場合です。

 

具体的には、そもそも女性として登録している利用者がサクラであるとか最近多いのは相手からのメールと思っているものがプログラムされた文章の自動返信などもあり、結果的に「出会えない」という被害が増えているようです。

 

出会い系サイトに登録している女性のプロフィールをみて、どれだけ頑張って女性にメールしても、無視されることが多いです。

 

このような状態に慣れてしまうと、かえって次に送るセカンドメールをどうしたらいいのか悩むことも多いでしょう。

 

とはいえ、嬉しさで舞い上がって長文のメールを送るのは絶対NGです。

 

セカンドメールもファーストメールと同様に、丁寧で適度な長さのものにするようにして下さい。

 

サービスの利用に応じて、現金やウェブマネーに換金できるポイントを貯められるシステムを使っている出会い系サイトを利用するならば、キャッシュバッカーの存在を知っておいた方が良いでしょう。

 

女性の利用者の中には異性と出会いたいと思っているのではなく、サイト上でメールややり取りを繰り返すと溜まるポイントを換金するのが目的の人が居るのです。

 

サクラとも違って、プログラムの自動返信でもないため判断しにくいですが、何回メールしても連絡先を交換する素振りがなければ打ち切りましょう。

 

一口に婚活といっても、最近の婚活はお見合いや紹介といった昔ながらの方法だけではありません。

 

お金も時間もそんなにかからず、簡単に出来る婚活としては、SNSの中でも出会い系サイトを活用することです。

 

一般的に出会い系といえば、その場だけの楽しみを求めるようなタイプの人が使っているような印象があるのですが、実は、そんなことも無いようですね。

 

結婚を考えて登録している人もちゃんといますから、プロフィールからそういった方を探してコンタクトをとってみましょう。

 

このように出会い系サイトは婚活として十分役立つツールになります。

 

昨今のネット社会で円滑な人間関係を築くためには、メール術が欠かせません。

 

これは、出会い系サイトでのコミュニケーションにも重要に関わっていて、男性からのメールが良くないようでは実際に出会うまでの道のりが遠くなってしまいます。

 

具体的には、ですます口調で丁寧な方が好感度は高いですし、最終的に会うことが目的でも、それをしつこく言うのは嫌がられます。

 

また、単純な事ですが、相手の都合や負担に考慮してメールを送らなければ、その時点で関係が終わるケースがほとんどです。

 

私の知り合いにセミナーで出会って結婚したカップルがいます。

 

そのセミナーの後に行われた懇親会で話しているうちに仲良くなり、交際に発展したみたいです。

 

同じセミナーに参加するくらいですから、共通点があったのでしょう。

 

ですが、それよりも出会い系サイトを利用したほうが少しは相手のことを知ってから会えますし、セミナーで出会うより出会い系サイトのほうが私的には合っているような気がします。